5人家族のマンション暮らし

DIY・ソーイング・家事・収納・子育て・・・主婦の日常あれこれを綴ります

2017 ソーイング

レッスンバッグ☆裏地付き・内ポケット付きレッスンバッグの作り方【画像あり】

2017/05/12

こんにちは

 

三女が今年度から習い事を始めることになったので、三女用のレッスンバッグを作りました

 

*  *  *  *  *  *  *  *

 

【作り方】

■ 布を裁断して用意する
柄合わせが必要な場合は注意してカットして下さい
初心者さんだと上下、左右関係ない柄が作り易いです

・表布(柄部分)
・表布(無地ピンク部分)
・裏布(ベージュ)
・かばんテープ(取っ手)
写し忘れ。必ず必要。布で作っても良いです。
・ポケット
なくてもOK。作り方はこちら→「☆」
・写っていませんが、底部分に接着芯と表布の切り替えし部分にレースを使いました
なくてもOK。

 

◇参考サイズ◇

出来上がり:横40cm 縦30cm マチ4cmの場合

・表布(柄部分)46cm×21cmを2枚
・表布(無地部分)46cm×28cm
・裏布(ベージュ)46cm×66cm
・かばんテープ 31cmを2本 25mm巾を使っています

縫い代は全て1cm

かばんテープ

 

 

■ 表布の切り替えし部分を、中表に合わせ縫い繋げる

 

 

■ 飾りを付け、取っ手を仮止めする
取っ手の仮止めは5mmくらいの所をミシンで縫っています

 

 

■ 内ポケットを付ける場合は裏布に仮止めする
「レッスンバッグ☆内ポケットの作り方【画像あり】」

 

 

■ マチになる部分の角を切り落とす

マチの切り落とす大きさは紙で確認してください

縫い代分の1cmを折る

ひっくり返して中心に合わせる

マチの長さに印をつけ、縫い代分を残して切り落とす

広げてサイズを測る

マチ4㎝の場合
・横2.7㎝
・縦3.4cm(2つ折りにしてカットする場合1.7cm)

 

■ 底に接着芯を付ける場合は付ける
ポケットと反対の面に付ける事

 

 

■ 表布と裏布を合わせ、上下を縫う

 

 

■ 表布同士、裏布同士に合わせ、脇を縫う
この時、裏布の13cm程度を返し口として縫わずに開けておく

 

 

注意:表布と裏布の切り替わり部分、レース、柄合わせが必要なデザインであれば合わせて縫う事

出来上がったらこの部分になります
私は面倒なので、柄合わせの必要ない布を選ぶことが多いです

 

 

■ 角を表布2ヶ所・裏布2ヶ所の4ヶ所縫い、ジグザグ処理する

 

 

■ 裏布の返し口からひっくり返し、外表にして袋口を一周縫う

 

 

■ 返し口をはしご縫いで閉じる

 

 

■ 完成

 

 

*  *  *  *  *  *  *  *

 

 

先日作ったアップリケが思いの他簡単だったので、レッスンバッグの無地部分にも何か付けようかな、と思ってます(*^^*)
関連記事 → 「幼稚園の帽子に手作りアップリケを付けました。フェルトで簡単☆作り方。」

-2017, ソーイング